deja vu
CIS諸国の最新ニュース、日露ことわざ、ロシアンジョーク、カザフスタン レアメタル
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソビエト連邦
クリスマス、お正月楽しい時期だね。しかし、こんな楽しい時間の後は必ず寂しい日々連発だ。私はソ連の時生まれた人間で、ソ連の時のよく比較している。そのときソ連ではどうだったのかなぁ。



ソ連の時はクリスマスが宗教の祭日の関係でなかったがクリスマスの代わりにハッピーニューエーア(お正月)があった。お正月にはニューエーアツリがあってサンタとサンタの孫(スネーグロチッカ)がいって、それで子供たちを喜ばせるサンタのプレゼント袋があった。これは大体のお正月のアクセサリ。
次はお正月のイベントがいっぱいある事を思い出す。学校はお正月の休みは二週間があって。休みに入る前に学校で“ニューエーアツリ”というイベントがあった。どんなイベントにお金が必要であるから出来るだけお金かからないように先生の指導で学生や両親の協力してイベント実行する。そのとき両親に面倒かもしれないが子供たちが準備するだけでわくわくする。




学校のイベントが終わるとまた次のイベントがあります。次のイベントは両親の会社の労働組合が実行するイベントがあります。ちなみに両親が共働くことであれば各会社のイベントがある。更に、祖父と祖母の現職会社か現役会社でも同じようなイベントがある。しかし、たまにイベントが重なる場合があるから両親の会社のイベントを1月末までずれる会社もあった。更に住んでいる都市のイベントがあった。子供に1月は一番忙しい時期だった。各イベントがほとんど同じようだったけどサンタのプレゼントも大きく違いがなかった、プレゼント残りは一ヶ月間食べるようになっていたけど楽しければそれでいいではありませんか。


ロシアリネン・バックインバック(刺繍入り) サイズ:小(襠なし) (刺繍:ソ連国旗のシンボル)ロシアリネン・バックインバック(刺繍入り) サイズ:小(襠なし) (刺繍:ソ連国旗のシンボル)
()
株式会社 アールジェイ コミュニケーションズ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:海外情報 - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 deja vu all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。